ケンジ ステファン  スズキ氏の経歴 近況

ケンジ ステファン スズキ氏

Kenji Stefan Suzuki、日本名:鈴木健司1944年生まれ

 

社会起業家、環境活動家。S.R.A.Denmark代表、風のがっこう代表、風車運営会社2社の代表。現在デンマーク在住だが、年に数回来日し、講演活動などを精力的に行なっている。講演のテーマは環境・福祉・教育など、デンマーク国内の事情に関して多岐に渡る。

主な経歴

  • 1944年 岩手県東磐井郡東山町(現・一関市)に生まれる。
  • 1962年 現在の一関学院高等学校卒業 
  • 1967年 青山学院大学経済学部中退。
  • 1968年 コペンハーゲン大学政治経済学部入学。
  • 1970年 アリイタリア航空勤務。
  • 1971年 在デンマーク日本国大使館勤務、その後農場経営。
  • 1979年 デンマーク国籍取得。1990年 中部ユトランド商科大学会計学部税法学科卒業。リサーチ会社S.R.A.Denmark設立。デンマークの風力発電機、バイオマスプラントを日本に普及させる事業を手掛ける。
  • 1991年1月 デンマークの風力発電機の対日輸出業務開始
  • 1993年2月 デンマーク風車第1号基を石川県松任市に納入、以降、千葉勝浦、高知県高知市、沖縄県宮古島への風車納品に関与
  • 1997年 NEG Micon風力発電基メーカーの対日輸出におけるセールスマネジャーに就任。以降2002年夏、退任するまで日本の風車事業に携わる。
  • 1997年 風のがっこうを設立。デンマークの風力発電、バイオマスプラント、環境教育の視察に訪れる日本人のための研修施設として運営開始。
  • 2002年 京都府竹野郡弥栄町(現・京丹後市)に、風のがっこう京都を町営の環境教育施設として開校、運営協力にあたった。2004年 風のがっこう栃木と業務提携、研修業務の支援を行った。
  • 2014年1月 デンマーク風車運営会社(KAMD Aps)の代表に就任
  • 2015年1月 デンマーク風車運営会社(OWED Aps)の代表に就任
  • 2017年4月 デンマーク滞在50周年、風のがっこう20周年

風の又三郎はデンマークに行ったのかもしれない・・・

   スズキ氏が風のがっこうを始められたころに書かれたスズキ氏の

   紹介記事です。

   宮沢賢治の詩が、風車を予想しているようです。

ケンジ ステファン スズキ氏の50年の歩み 略歴

デンマーク在住50周年S.R.A.Denmark 設立30周年、”風のがっこう デンマーク” 設立20周年記念パーティにて紹介。(2017年4月8日) 

家族の写真(2017.4)

記念パーティーのスナップ写真